HOME
| ホーム | NCNMusicについて | クラシック音楽無料ダウンロード | 五線譜無料ダウンロード | 相互リンク集 | お問い合わせ |
ホーム >

楽典

サイトマップ

音楽用語アルファベット順

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z  

音楽用語逆引き五十音順



--------------- 楽 典 ---------------

五線と加線小節線音部記号

音名(固定ド唱法)全音と半音変化記号

音符の部分の名称

音符と休符音符と休符の長さ

付点音符と付点休符の長さ

複付点音符と複付点休符

ぼうの向きと、はたの書き方

連 符三連符五連符六連符

休符やタイが入った連符

拍子の種類単純拍子282拍子3拍子4拍子

複合拍子6拍子9拍子12拍子混合拍子

弱起と強起完全小節と不完全小節

シンコペーション強弱記号

特定の音に対する強弱記号

時間経過と変化する強弱記号

用語が添えられた強弱記号

速度記号速度標語メトロノームでの速度標語

用語が添えられた速度標語

部分的に速度の変化をもたらす用語@

部分的に速度の変化をもたらす用語A

部分的に速度と強弱の変化をもたらす用語

音楽記号高音域のオクターブ記号

低音域のオクターブ記号リピート記号

ダ・カーポダル・セーニョフィーネ

ビスとテルコーダ・マーク略記法@

略記法A大休符

音符の表情を表す記号スラータイ

グリッサンドポルタメントテヌート

ソステヌートスタッカート

メッゾ スタッカートとスタッカティッシモ

フェルマータマルカートペダル記号

装飾音符長前打音短前打音

音 程度 数全音と半音

2種類の音程 完全系・長短系 音程の種類

完全系 長短系 複音程 転回音程 響きの調和度

音 階音階の構成音調 名

長音階調 号長音階と調号の一覧短音階

自然的短音階和声的短音階旋律的短音階

短音階と調号の一覧その他の音階転 調移 調

階 名5度圏近親調(関係調)

和 音三和音和音記号主要三和音

和音の進行 三和音の種類 七の和音三和音の種類

七の和音記号属7の和音和音の転回

三和音の転回形七の和音の転回形

終止の形全終止変終止半終止偽終止

コードネームコードネームの解説

声部の種類声部の形態楽章の種類

大声楽の種類演奏形態合 奏

コード表一覧 @

コード表一覧 A

ピアノコード表一覧

ギターコード表一覧

金管楽器打楽器楽器の分類鍵盤楽器

擦弦楽器發弦楽器木管楽器

---------------おすすめページ---------------

無料ウェブメトロノーム

ピアノコードを並べて表示

--------フリークラシック音楽ダウンロード--------

ゲオルク フリードリヒ・ヘンデル

ヨハン セバスティアン・バッハ

ヴォルフガング アマデウス・モーツァルト

ルートヴィヒ ヴァン・ベートーヴェン

フェニックス・メンデルスゾーン

フレデリック・ショパン

ローベルト・シューマン

フランツ・リスト

リヒャルト・ワーグナー

ジュゼッペ・ヴェルディ

ヨハネス・ブラームス

モデスト・ムソルグスキー

ピョートル・イリイチ チャイコフスキー

エドヴァルド・グリーグ

ガブリエル・フォーレ

クロード・ドビュッシー

セルゲイ・ラフマニノフ

ベーラ・バルトーク




長音階と調号の一覧

長音階と調号の一覧画像
以上12の長音階以外に、下記の変ト長調と嬰ヘ長調のように異名同音という同じ音ではあるが

違う名前の音階が存在します。

変ト長調と嬰ヘ長調画像
その他にも、変ニ長調と異名同音の嬰ハ長調やロ長調と異名同音の変ハ長調が存在しますが

一般的には使われません。

短音階

短音階は、自然的短音階・和声的短音階・旋律的短音階の3種類に分けられます。

自然的短音階

第2音と第3音の間と、第5音と第6音の間が半音であり

その他は全音の隔たりを持つ音階を自然的短音階といいます。

自然的短音階は、第7音と第1音の間が全音のため第7音の導音がありません。

自然的短音階画像

和声的短音階

第2音と第3音の間と、第5音と第6音の間と、第7音と第1音の間が半音であり

第6音と第7音の間が増2度(全音+半音)であり

その他は全音の隔たりを持つ音階を和声的短音階といいます。

和声的短音階は自然的短音階では得られなかった導音を第7音を半音上げて導音を持ちますが

しかしその結果、第6音と第7音の間が増2度と広く独特な音程となります。

和声的短音階画像
また、和声的短音階の第7音を半音高く楽譜に書く場合は臨時記号を使わなければならない。

旋律的短音階

旋律的短音階は文字の通り和声的短音階をメロディー(旋律)にするために

上行する時は、和声的短音階の第6音を半音上げて調整する。

下行する時は、第7音に導音の役目が不要なため自然的短音階を使います。

旋律的短音階画像

  索引ページへ