HOME
| ホーム | NCNMusicについて | クラシック音楽無料ダウンロード | 五線譜無料ダウンロード | 相互リンク集 | お問い合わせ |
ホーム >

楽典

サイトマップ

音楽用語アルファベット順

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z  

音楽用語逆引き五十音順



--------------- 楽 典 ---------------

五線と加線小節線音部記号

音名(固定ド唱法)全音と半音変化記号

音符の部分の名称

音符と休符音符と休符の長さ

付点音符と付点休符の長さ

複付点音符と複付点休符

ぼうの向きと、はたの書き方

連 符三連符五連符六連符

休符やタイが入った連符

拍子の種類単純拍子282拍子3拍子4拍子

複合拍子6拍子9拍子12拍子混合拍子

弱起と強起完全小節と不完全小節

シンコペーション強弱記号

特定の音に対する強弱記号

時間経過と変化する強弱記号

用語が添えられた強弱記号

速度記号速度標語メトロノームでの速度標語

用語が添えられた速度標語

部分的に速度の変化をもたらす用語@

部分的に速度の変化をもたらす用語A

部分的に速度と強弱の変化をもたらす用語

音楽記号高音域のオクターブ記号

低音域のオクターブ記号リピート記号

ダ・カーポダル・セーニョフィーネ

ビスとテルコーダ・マーク略記法@

略記法A大休符

音符の表情を表す記号スラータイ

グリッサンドポルタメントテヌート

ソステヌートスタッカート

メッゾ スタッカートとスタッカティッシモ

フェルマータマルカートペダル記号

装飾音符長前打音短前打音

音 程度 数全音と半音

2種類の音程 完全系・長短系 音程の種類

完全系 長短系 複音程 転回音程 響きの調和度

音 階音階の構成音調 名

長音階調 号長音階と調号の一覧短音階

自然的短音階和声的短音階旋律的短音階

短音階と調号の一覧その他の音階転 調移 調

階 名5度圏近親調(関係調)

和 音三和音和音記号主要三和音

和音の進行 三和音の種類 七の和音三和音の種類

七の和音記号属7の和音和音の転回

三和音の転回形七の和音の転回形

終止の形全終止変終止半終止偽終止

コードネームコードネームの解説

声部の種類声部の形態楽章の種類

大声楽の種類演奏形態合 奏

コード表一覧 @

コード表一覧 A

ピアノコード表一覧

ギターコード表一覧

金管楽器打楽器楽器の分類鍵盤楽器

擦弦楽器發弦楽器木管楽器

---------------おすすめページ---------------

無料ウェブメトロノーム

ピアノコードを並べて表示

--------フリークラシック音楽ダウンロード--------

ゲオルク フリードリヒ・ヘンデル

ヨハン セバスティアン・バッハ

ヴォルフガング アマデウス・モーツァルト

ルートヴィヒ ヴァン・ベートーヴェン

フェニックス・メンデルスゾーン

フレデリック・ショパン

ローベルト・シューマン

フランツ・リスト

リヒャルト・ワーグナー

ジュゼッペ・ヴェルディ

ヨハネス・ブラームス

モデスト・ムソルグスキー

ピョートル・イリイチ チャイコフスキー

エドヴァルド・グリーグ

ガブリエル・フォーレ

クロード・ドビュッシー

セルゲイ・ラフマニノフ

ベーラ・バルトーク


その他の音階

特殊な音階画像

転 調

ある調で始まった曲を、途中から異なった調に変えることを転調といいます。

これは曲の雰囲気を変えたり、曲を盛り上げる手段してよく使われます。

一時的に転調する場合は臨時記号で調を変えますが

長い区間転調する場合は複従線で区切って新たな調合を書きます。

転調解説画像

移 調

ある曲をそっくりそのまま異なった調へ移動することを移調といいます。

よく、歌曲で声の音域が合わない時などに使われます。

移調解説画像

階 名

イタリア語でドレミファソラシドの音の名詞を音名といいましたが

同じくイタリア語のみ全ての長音階をドレミファソラシドと呼び

全ての短音階をラシドレミファソラと呼ぶ呼び方がありますが、これを階名といいます。

5度圏

5度圏とは、近親調やそれぞれの調の関係をわかりやすく表したものになります。

調号の♯が1つ増えるごとに主音が完全5度上に移り

調号の♭が1つ増えるごとに主音が完全5度下に移ります。

そして、異名同音を1つにまとめて左右に繰返すと1つの円に繋がります。

5度圏画像

近親調(関係調)

ある調に対して大変近い関係をもってる調を近親調といいます。

近親調には、同主調・平行調・属調・下属調の以下の四つがあります。

同主調

主音が同じ音になる長調と短調
同主調解説画像
また主調が長調の場合、属調と下属調は長調になり、主調が短調の場合、属調と下属調は短長となります。

  索引ページへ